酵素ドリンクを買わずに自宅で作る方法

ダイエットに良いと人気のある酵素ドリンクとは、清涼飲料水になります。清涼飲料水は過熱して殺菌することが義務付けられています。酵素は過熱しすぎると効果がなくなるので、しっかりと効果のあるものを選びたいところです。

酵素ドリンクといってもいろんなタイプがあります。実際は自然の食べ物などから取り入れることがよいですが、忙しくて手軽に済ませたいという人に人気のある酵素ドリンクです。

酵素ドリンクは家でも簡単に作れます。果物や野菜、無添加のもの1種類でも数種類でも構いません。材料をよく水洗いし、1分ほど浸しておきます。野菜や果物など皮が付いたものを使います。

3㎝から5㎝ほどに細かく切りましょう。透明の容器に水切りをした材料と砂糖を入れます。砂糖は材料の分量にたいして、1.1倍です。かなり多いですが、発酵の時に砂糖が分解されるため、糖分を摂りすぎるという心配はありません。

酵素は生きているので完全に密封しないで、砂糖を一番上にのせて蓋をする形になります。保管場所は日当たりのない場所でだいたい36度前後くらいから発酵が進みます。

毎日2回は必ず空気に触れるように殺菌をした手でざっくりとかき混ぜましょう。1、2週間を目安に様子をみます。
全体的に材料が泡立ってきます。

出来たら、きめの細かいザルやガーゼなどを使って、ゆっくりと濾します。材料は絞らないようにしましょう。出来た汁は冷蔵庫で保管しましょう。