酵素ドリンクを利用した置き換えダイエット

酵素ドリンクを使った置き換えダイエットに関する情報をまとめています。

どの食品を積極的に置き換えていけばよいのか?

酵素ドリンク置き換え酵素ドリンクは、基本的にはグリーンスムージーと同じ飲み方をします。朝昼晩の3食を食べている人なら、そのうちどれか1食を酵素ドリンクに置き換えます。朝にパンとめだまやきを食べていたなら、それをなくして酵素ドリンクを飲むようにします。

一見すると栄養不足になりそうですが、酵素ドリンクは置き換えダイエットを前提に作られているので、栄養はしっかりととれます。空腹が最大の敵となりますが、いくらお腹が減ってもお菓子などを食べないことが重要です。

お腹が減って我慢ができなくなったら、酵素ドリンクをもう1杯飲むなどして、カロリーをひかえるようにしておきましょう。酵素ドリンクのカロリーは一杯あたり20キロカロリーから50キロカロリー程度なので、2杯飲んでもダイエット効果はしっかりとあります。

もしも3食のほかにお菓子を食べていたり、夜食としてカップ麺などを食べている場合には、それらを置き換えることがおすすめです。お菓子やカップ麺などは栄養面でも不安がありますし、そのわりに高カロリーなので、優先的に置き換えるべきです。3食をしっかりと食べていても、それまで食べていたお菓子やカップ麺を酵素ドリンクに置き換えたらダイエットになるでしょう。

断食と置き換えのそちらを選択すると良いのでしょうか?

断食酵素ダイエットには酵素ドリンクを朝食などに置き換えて飲むダイエット方法と、酵素ドリンクを取り入れて断食する方法があります。ダイエット効果が最も期待できるのは酵素ドリンクを取り入れた断食ですが、断食せずに酵素ドリンクを置き換えても効代謝を上げる効果などは期待できます。

断食しないで酵素ドリンクを飲むだけでダイエット効果を得るには飲み方ややり方があります。効果的な飲み方のひとつに朝目覚めに1杯飲むことです。朝目覚めに1杯飲むと腸の働きを良くして体を目覚めさせる力があります。目覚めてから朝食の前に1杯飲みます。朝食前に飲むと体への吸収が良く空腹を満たすことができます。酵素には野菜など栄養が豊富なので朝の吸収の良いタイミングで摂取します。

朝食は時間がないので摂らないという場合、朝食の変わりにドリンクを飲み、朝食の置換えとします。朝ドリンクを飲むことで満腹感があり、朝食のカロリーが抑えられます。

間食を食べ過ぎてしまう場合には、間食のかわりに酵素ドリンクを飲みます。お菓子を食べるかわりに満腹感を得ることができ、なんとなく食べてしまう間食をドリンクに置き換えることでお菓子のカロリー分を減らすことが可能になるのです。

酵素ドリンクでダイエットする場合は、断食することが最も効果的ですが、断食しない場合の効果は代謝を上げることができたり、肌が綺麗になったり空腹が満たされ便秘も解消することが期待できます。