酵素と消化について

酵素による分解と栄養の吸収

近年注目されているのが酵素です。洗剤に含まれている他、酵素ダイエットのように美容目的として使用される言葉でもあり、どのようなものか疑問に感じることがあります。

酵素には大きく分けて3つの種類があります。人の体の中にある消化酵素と代謝酵素、食べ物の中に含まれている食物酵素です。消化目的のものは食べ物を食べた場合、吸収しやすいように消化をしますが、その際にプロテアーゼとリパーゼが働きます。プロテアーゼはたんぱく質の分解を、リパーゼは脂肪の分解を行っています。この2つが正常に働くことで、栄養素は小腸で吸収され、生きていくための力になります。

代謝目的のものは小腸で吸収されたものを体の中で働かせるために必要となります。呼吸や老廃物の排出、脳の活性化、肌の新陳代謝のために使われています。なお、消化目的のものを多く使い過ぎてしまうと、代謝目的のものが不足する現象がおきます。

香辛料の強い物、消化に悪い肉類や揚げ物類を食べすぎてしまうと消化しようと酵素がたくさん出てくるため、代謝目的のものが減り、胃腸の調子が悪くなったり、肌に吹き出物ができたりします。

風邪をひいた場合、食欲がなくなりますが、これは代謝目的のものが病気と闘うため多く使われる結果、消化目的のものが減少してしまうからです。バランスよく、まんべんなく食べることがとても大切になります。

アミラーゼとマルタ―ゼの働き

アミラーゼ

酵素というのは、おそらくは小学校や中学校でも習ってはいることでしょう。触媒の一つであり、自分自身は変化しないけれども、他の物質の反応を助ける働きを持った物質のことを、総称して酵素と呼ぶのです。

私たちの体の中では様々な化学反応が起きています。その多くは、勝手には起こりません。酵素があって初めて起こるのです。代表的なものとしては、消化にかかわるものがあります。

例えば私たちが食べたご飯やパンに含まれているデンプンですが、デンプンのままでは私たちは吸収することができず、従って栄養として利用することもできないのです。そこで、唾液に含まれているアミラーゼによって、デンプンはまず麦芽糖に分解されます。

続いて、膵臓から分泌される膵液に含まれているマルターゼによって、麦芽糖はブドウ糖に分解されるのです。ブドウ糖にまで分解されて初めて、私たちは小腸から吸収することができます。

これらアミラーゼやマルターゼは酵素の一つです。消化に係わるものですので、消化酵素と呼ばれます。このような酵素は他にもあります。タンパク質や脂肪についても似たような状況があります。これらもまた、そのままでは私たちは吸収できません。分解されて初めて吸収できるのです。そのための酵素もまた別にあるのです。

リパーゼの働きと多く含まれる食品の紹介

アボガド

美容やダイエットいい食べ物が紹介される時によく目につくのがリパーゼという酵素の名前です。別名ダイエット酵素をとも呼ばれており、女性にとってはおなじみの酵素なのではないでしょうか。

リパーゼがダイエットにいいとされる理由は脂肪の分解を助けてくれるからです。リパーゼも、他の酵素同様に生の野菜などに含まれていますから、ダイエット中はリパーゼを多く含んだ食品を食べるといいでしょう。食事でとるのが大変な場合は、一度にたくさんの野菜や果物、海藻を熟成させて作っているドリンクやサプリメントがあります。

リパーゼの多い食べ物はアボカドやスイカ、大根に明日葉などです。アボカドは女性から人気の高い食材ですよね。脂肪が多めではありますが、リパーゼがたっぷりなので多めに食べても大丈夫なのがポイントです。明日葉は青汁の材料によく使われていることでも知られています。

栄養価が高く、美容と健康にもいいうえに、青汁の中では比較的に飲みやすいので、朝水分が抜けきっていてデトックスがしやすい時間に飲んでおくと身体もスッキリします。リパーゼはミネラルがセットになることで働きが活性化しますから、食事の時には一緒に摂るように工夫しましょう。