断食後に食べる回復食て何?|おすすめの回復食と食べ方を紹介

回復食って何?

回復食とは、断食を終えてから通常の食事に戻すまでに食べる食事のことです。

断食の直後に通常の食事にいきなり戻してしまうと、休んでいた消化器官に強い刺激が加えられ調子を崩してしまう可能性があります。

また、断食の反動で過食状態になりカロリーを過剰に取ってしまい、リバウンドする恐れがあります。

こういったことを防ぐために回復食が必要になります。

回復食を食べるときのポイント

1.断食をしていた期間と同じくらいの期間回復食を食べよう

急に食事を戻してしまっては体に負担が掛かりすぎるので徐々に通常の食事に戻しましょう。

回復食を食べる期間は断食の期間と同じくらいにすればよいでしょう。

2.回復食は薄味のものにしましょう

消化器官や味覚を慣らすために刺激が強い濃ゆい味のものは控えたほうがいいです。

どっかりとしたものを断食後に食べたくなりますがしばらくの間我慢しましょう。

3.回復食は柔らかいものにしましょう

柔らかい食べ物

これも先ほどのものと同じ理由なんですが、消化の悪い硬いものではなく消化の良い柔らかいものを食べて胃や腸を少しずつ慣らしていきましょう。






回復食におすすめの食品

豆腐

1.豆腐や豆乳などの柔らかい大豆食品

2.柔らかくミネラルを含むわかめなどの海藻類

3.柔らかく腹持ちのいいイモ類

4.病気などの時にも胃腸をいたわるために食べられるおかゆ

代表的な回復食としてはこのようなものがあります。それから、回復食と言えども食べ過ぎは良くないので満腹になるまで食べるのは控えましょう。